株式投資 銘柄分析

LTSの2021年3Q 決算。株価以外は順調!

 

新内閣に変わってから日本の先行きに疑問を感じて、米国のS&P500にも挑戦中のshigeです。

先日、当方保有中のLTSが2021年第3四半期の決算を発表しました。

全体的な印象は「無難、堅実、予定通り」です。

実にLTSらしい内容ですが、今回の記事は決算内容の分析と今後の予想に当ててみたいと思います。

 

尚、以前別記事でLTSの業績予想をしていますが、状況が刻一刻と変化しているので矛盾点が出てきています。

この点は素直に当方の実力不足です。

日々奮励努力します。

 

 

久々の記事更新。その間もamazonアソシエイトで本を買って頂いた方ありがとうございます。
shige
歩く四季報をめざす女
当ブログは1年の半分程度は休むので、読まれる方は気長に更新を待ってください。

 

この記事の内容

・業績数値の確認

・好材料

・株価の予想

 

 

こちらも参考に

 

 

広告

 

業績

・業績のサプライズはなし ・売上、営業利益の進捗率は76%台 ・今期の上方修正はなさそう

長期での成長に向けて着々と仕込みをしている印象

 

(百万円)

売上営業利益経常利益純利益
2021年3Q累計5324444424262
前年同期比30.3%14.6%24.8%19.8%

 

ホルダーの間で期待されていた上方修正はなし。可もなく不可もない普通の決算ですね。まあ、その辺が樺島社長らしいのですが、先行投資期間中にもかかわらず売上は30%増は評価できます。他の利益も既に昨年度の通期の業績近辺に居ます。よって残り3か月分の成績がまるっと成長分ですね。

 

 

部門別で見るとプロフェッショナルサービスは

 

(百万円)

売上営業利益営業利益率
2021年3Q(7-9月)17821568.7%
2020年3Q(7-9月)13661299.44%
前年同期比30.4%20.9%-0.74%

 

売上は30%、営業利益は20%以上増。しかし営業利益率が前年同期比でマイナスです。

社長のウェブセミナーでの発言を踏まえると、利益率の改善には粗利を向上させて、販管費率を下げることが重要だとの事でした。

販管費率は売上の伸びほど増えないので徐々に下がっていくのですが、粗利は子会社とのコラボ案件を増やすことで対応するとの事です。

 

3Qの決算短信、決算説明資料にはコラボ案件の割合までは載っていないので現在の進捗状況は不明です。今後ウェブセミナーやIRに質問する必要がありそうですね。

 

もっとも2Q時点でグループ全体の売上・営業利益の進捗率が50%割っていたのに、3Qで76%台に乗せてきました。

 

当方の心配は無駄に終わりそうです。

 

 

歩く四季報をめざす女
LTSはF1よりラリーカーの様な経営を志向している。杞憂よ、杞憂。

 

 

以前見た動画でLTSはワクトに「すぐに結果を出さなくていい」、という事を伝えていたのにもかかわらず加入1年目から業績に貢献してくれました。

おそらくそれが出来過ぎなのであって、イオトイやソフテックのやり方が通常なんでしょう。

そして花王の棚卸システムの件で子会社のイオトイが関与しているというIRがありました。

子会社の利益率が改善すれば、ソフテックがIRが出てくると期待しています。

 

利益率についてはあと1年辛抱ですね。

 

4Qで上方修正するなら

 

業績修正の基準は

売上で±10%以上

営業利益・経常利益・当期純利益のいずれかで±30%以上

のズレがあった時速やかに発表することが定めれています。

 

LTSは22年期まで先行投資期間であることを踏まえると、各利益で30%以上ズレによる上方修正は考えにくいと思います。

なので売上が一番可能性があります。

 

21年通期の売上は70億円の予想ですから、77億円以上で上方修正ですね。

 

3Qの売上は概算で53億円。あと3か月で24億円。

普通に活動すれば4Qの売上は17億円程。

残り7億円。

 

歩く四季報をめざす女
ん~結構厳しいね。
掲示板では楽観論もあるけど,当方は今期上方修正はないと踏んでいます。
shige

 

「上方修正があればラッキー」ぐらいに思って、先行投資期間でもしっかり成長している事を評価した方が良さそうですね。

 

 

好材料

・プラットフォームの売上の伸び ・主戦場である”IT人材内製化”の流れと支援

アメリカの企業ではIT人材の内製化は当たり前

プラットフォーム事業の売上が増えた

売上営業利益営業利益率
2021年3Q(7-9月)901415.5%
2020年3Q(7-9月)563.5%
前年同期比60.7%600%12%

 

決算説明資料だと営業利益の伸びが前年同期比で「497.5%」となっていますが、当方の計算だと600%。 当方の間違いだと思うので当てにしないでください。
shige

 

これだけ見ると営業利益の伸びに圧倒されますが、昨年度は各Qで営業利益にバラツキがあったものが、今年度は概ね平準化しているのでその辺の違いが出ているだけですね。

 

なので注目は売上げです。

昨年の4Qから今年の2Qまで7000万円程度の売上だったにもかかわらず、3Qで9000万円に増えました。先行投資の成果が確実に出ています。

プラットフォーム事業は社長自ら指揮を執っているので、トップセールスは偉大ですね。

 

 

プラットフォームの営業利益率は2024年には30%まで行く予定。

 

 

プロフェッショナルサービスは人が動いた時売上が経つので経費も掛かりますが、プラットフォームはネット上でお客さん同士がやり取りするのでLTSへの負担が少なくて済みます。

いわゆるSaaSは雇用は生まないけど経営効率は抜群です。

 

どのIT企業とも中立に付き合ってきたLTSの立場がプラットフォーム事業に貢献してくれそうです。

 

 

IT人材の内製化の記事

2021年11月4日の日経新聞のサイトに興味深い記事が載っていました。

タイトルは

「DX先進企業はシステム内製 セブンや無印が大量採用」

 

内容を簡単に要約すると

セブンイレブン、エディオン、良品計画、カインズなどの大企業が社会のDX化の流れを受けて外部企業のIT人材を頼るのではなく、

自社でIT人材を抱えるようになった。そのおかげで、顧客動向に素早く対応できたり、社内にノウハウが蓄積する等のメリットを得ている。

と言う事です。

 

但し、内製化するにあたって外部に丸投げしていた企業は人材確保やマネイジメント、IT企業との付き合い方、経営層の意識に課題を抱えているとも記述されていました。

 

これはまさにLTSが予想していた通りの展開になっています。

これまで日本企業は5年や10年に1回、大規模プロジェクトを組んで変革を起こしていればよかったのですが、現代は変化が非常に早く大規模プロジェクトによる変革では効果が出なくなったのです。だから小・中規模のプロジェクトを立ち上げ日常的に変革を起こさなければならなくなりました。

 

そうなると外部に頼るのではなく、自社でIT人材を抱える必要が出てきました。自社のIT人材なら打ち合わせに時間を取りませんし、社内の業務についても詳しく知っているので作成するシステムの品質も担保されます。

 

そこで問題になるのが上記の通り「どうやって自社に引っ張って来るか?」です。

日本のIT人材の7割はIT企業におり、彼らを採用するためには接点が必要になります。

そこで重宝されるサービスが、LTSの「アサインナビ、コンサルタントジョブ、 cs clip」じゃないでしょうか。

cs clipはまだ開発途中ですが、ほかの2つのサービスは既に黒字化しており今後の飛躍が期待されます。

 

そしてもう1点。

現在のIT業界はベイカレントに代表される、「ITに詳しい人を大量育成して顧客先に派遣する」、いわゆる高級派遣が主流です。

しかし今後IT人材の内製化が進めば顧客が主体的に変革を起こす流れになると思われ、それをサポートする総合チームの重要度が増します。

中経にも書かれている通り、LTSの主戦場は顧客を総合チームで支える分野なので成長余地が非常に大きいと思われます。

 

新聞記事には星野リゾートがgo toトラベルの予約サイトをたった2週間で作成したとの事で、今後はこういったIT人材の内製化の成功が増えてきそうですね。

 

目先の株価にとらわれず、四半期毎の業績を逐一チェックしながら長期ホールドです。

 

株価予想

LTSの週足チャート

長期下落中。

株価については言うまでもないです。

今年の初めは4月か遅くても夏場には上昇を開始すると思っていたのですが、とんだ見当違いでした。

先行投資中は株価の上昇は期待できそうにないです。

 

ただし、IRJを保有していた時も初めのころは市場に気付いてもらえず安値圏に停滞していました。それが少しずつ上昇をはじめ、投資銀行用オフィスへの先行投資が終わった2019年に、「上方修正、自社株買い、増配」の3点セットの発表。2020年の秋までコロナショックを挟みながらも長期右肩上がりを続けました。

 

今年は案件の期ズレの影響で乱高下が目立ちますが、人材の確保さえできればまだまだ業績は伸ばせていけると思います。

 

LTSも数年後にはそうなってほしいと思います。

まとめ

・業績の上方修正はないが順調

・プラットフォームの成長やIT人材内製化の流れが来ている

・先行投資が終われば株価は上がるはず

 

懸念点を上げるならば、「原油高や半導体不足による業績への影響」。それから「DX市場のピークアウト」です。

 

まあ、社長は今の顧客に今のサービスの範囲を広げて行けば中経の数字は無理なく達成できると言っています。

むしろLTS内では中経のその先について話し合われているようで、長期ホルダーならあまり神経質になる必要もないでしょう。

 

何かの参考になればうれしいです。

 

ありがとうございました。

 

広告

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    shige

    年齢 アラフォー

    住居 愛知県

    職業 個人投資家 ブロガー

    町工場勤めから2020年本格的に個人投資家へ転身。 中長期投資なのでファンダメンタルズを重視しています。

    このブログで自分の成功体験・失敗談・ノウハウを公開していきたいと思います。初心者の方に参考にしていただけたら嬉しいです。また、生き方や生活に関する記事もUPしていく予定です。よろしくお願いします。

    おすすめ記事

    1

    考え方を変えれば人生が変わる 雇われ先に左右されない生き方として株式投資があります。 短期売買は難しいですが、中長期投資なら個人投資家にも利 ...

    2

    当方もまだまだ勉強中ですが、実際に投資したり銘柄検索をしていて手ごたえのあったやり方を紹介していきます。 shige中長期ファンダメンタル投 ...

    3

    四季報銘柄を中心にして分析しています。 ファンダメンタル分析の実践編です。 有名投資家の本を読んでいい所取りしたり、自分の経験則を用いて銘柄 ...

    4

      読書をする人が減っていると言う事は、読書をすることで他人と差別化ができるとも言えます。 また、全部読み通す必要はなく、自分にと ...

    -株式投資, 銘柄分析

    Copyright© 当方見聞録2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.