株式投資

今週の相場と保有株の振り返り

自粛が続いている日本社会ですが、こうなることは随分前からわかっていたのでさほど驚かないshigeです。

今や経済番組もコロナ関連の話題ばかりなので家に居る時は専らネット三昧の毎日です。

さて、今週の株式相場と保有株の振り返りをしたいと思います。

 

相場は1万9000円まで回復

先週3/19木曜日に1万6358円まで下落した後、今週27日金曜日には19389円まで上昇しました。

アメリカ政府の200兆円を越える経済対策の効果を期待してNYダウが3日連続で値上がりした事に加え、3月の権利取りの買いも相まって日経平均株価は1週間で3000円程上昇しました。しかし、2万円の節目には25日移動平均線が下がってきており、急激な値上がりの反動減も考えられ、さらに月曜日は権利落ち日なので値下がりするのが妥当な考え方ではないでしょうか。

 

日本各地でこの週末は外出自粛要請が出されています。その影響で外食産業、小売り産業、各種イベント関連、宿泊産業、交通産業は打撃を受けることが想定されます。逆にドラッグストアや宅配関連、ネットビジネスは伸びていくでしょう。

 

また、メディアは盛んに感染者数の報道をしていますが、コロナウィルスは感染しないことより重症化しないことの方が重要だと思います。

「うがい、手洗い、マスク、人混みを避ける」という4つ以外は、個人レベルでできることはないのですから。

それでも感染者数を減らしたいならば週末だけ不要不急の外出を自粛するのではなく、2週間でも3週間でもゴーストタウンにするつもりで完全に外出を禁止すべきだと思います。

人がウィルスを運ぶ以上99人が予防対策をしていても、残りの1人が予防対策をしていなければ全く意味がないので。

 

 

保有株は6バガーを回復した

当方の保有株と監視銘柄の状況を表した図

今週は随分持ち直しました。

先週末の時点で4520円まで下落していたアイ・アールジャパンが6140円まで上昇しました。

これにより6バガーを回復。特にザラ場中に含み益が90万円を越える場面が散見され、この銘柄に注目している人の多さを感じました。アイ・アールジャパンはコンサルティング会社なので経費が掛からないうえ、他のサービス業よりは電話やネットで業務を行える部分が多いと思います。よってコロナウィルスによる業績の低迷は限定的だと思います。

 

ただ、気がかりは取引先の業績とアクティビストの動向ですね。

取引先の業績が悪ければ経費削減でアイ・アールジャパンとの契約を打ち切ることもあるでしょう。

またアクティビストが日本市場から撤退してしまえば、伸び盛りである投資銀行業務の仕事が減ってしまいます。

 

当方としては株価が低迷している今はバーゲンセール状態なので、アクティビストが活動しやすいと思うのですが。

 

見通し

まず月曜日は権利落ち日なので多くの銘柄が売られると思います。

また金曜日はアメリカで雇用統計の発表があるので、内容次第で株価が大きく動くと思います。

そして、これから5月の半ばまで多くの企業が本決算を発表します。コロナの影響で好調な企業、不調な企業の2極化がより一層進むと予想します。

銘柄選択は経費が掛からず身軽で、さらにコロナの影響を受けにくい業種を選んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    shige

    元々はギタリストになりたくて専門学校に入学したが挫折。 地元・愛知に帰りアルバイトや工場勤めを経験して今に至る。 投資スタイルは「中長期投資」 2017年から投資していた「アイ・アールジャパンホールディングス」が株価8倍になったことをきっかけに、本気で仕事を辞め投資家生活に入ることを画策中。このブログでもノウハウを公開していく予定です。

    -株式投資

    Copyright© 当方見聞録2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.