書評 株式投資

1勝4敗でもしっかり儲ける 新高値ブレイク投資術 書評

 

聞き手
成長株投資の基本はわかったからそんなにたくさん読まなくてもいいんじゃない?

むしろ時間とお金の無駄だよ

 

今回はそんなお悩みにお答えします。

 

IRJが無名の頃から保有し昨年800万円の利益を得たshigeです。

本日も個人投資家と相性のいい成長株投資の本の紹介をしていきます。最後までお付き合いください。

 

聞き手
「株の公式」では覚えることは少ない、という内容だったのに矛盾してない?
確かに技術面では覚えることはそんなにないです。ただ、解釈とか応用の部分は十人十色ですから知っていて損はないですよ
shige

 

投資は一人でやるものなのでどうしても自分の考えに固執してしまいます。

その一方、なかなか成績が出ないという状態に陥りがちなので、世間一般に「投資は怖い」というイメージが浸透しているのかなと思います。

 

そんな状態を脱するためには「勉強→実践→反省→改善」を行うしかありません。

このブログが間違った思い込みを打破するきっかけになればいいなと思います。

 

この記事の内容

DUKE。氏の手法

この本の特徴

この2点を解説します。

 

オニールやミネルヴィニから学んだ基本の上に自分や他の投資家の体験を組み合わせればきっと億万長者になれるはずです。

特に今グロース株は逆風にさらされていますが、必ず資金は戻ってくるので、

掲示板の嘆き節をスルーして、虎視眈々と次の相場に向けて実力を高めていきましょう。

shige

 

という訳で、本編のスタートです!

 

新高値ブレイク投資術    著者 DUKE。   1540円

4

 

著者紹介

DUKE。(デューク。)

個人投資家。テクニカルファンダメンタル派。米国公認会計士。大学卒業後、東証1部上場企業に入社。

2003年に結婚と同時に株式投資を始める。手痛い大失敗を繰り返すも、ライブアショック、リーマンショックを乗り越える。その後、ウィリアム・オニールの投資法に出会い開眼。

2014年株式投資での累計利益が1億円を突破。

家庭では3児のイクメンパパ。

要約

ごく普通のメーカー勤務の会社員である著者が、1日30分の作業時間だけで億を稼いだ投資法を紹介した本。

その内容はアメリカの有名投資家ウィリアム・オニールの投資法をベースとしたもの。

 

チャート分析で新高値を付けたものを選び出し、投資先の会社の大変革に起因した株価の上昇に乗る。

また、保有する銘柄は最大でも5つ。それ以上は管理が難しくなる。

また、値上がりした時の恩恵も悪くなってしまうからとの事。

 

投資の基本は「安く買って高く売る」だが、著者の「高く買ってもっと高く売る」は一般的ではない。しかしこれなら日中パソコンに張り付いていられない会社員でも十分戦えるというのがこの本の一貫した主張である。

 

shige
投資本を出す方は保有は少なくてもチェックしている銘柄が多いのは注目事項です。

 

 

タイトルの「1勝4敗でも勝てる」の意味

含み損10%で損切を4回行い、含み益50%で利確を1回行うと差額の10%分がトータルの利益となるとの事。

 

ちなみにオニールは、含み損7~8%で損切を3回行い、含み益20~25%で利確を1回行うとプラマイ0になるという手法を薦めていました。
shige

 

DUKE。氏の場合は10%になる前に損切りする事もあるので実際にはもっと利益がでるらしいです。

 

「損小利大」という事ですね。

50%値上がりって結構難しいと思うのですがそこもケースバイケースなんですかね。

いずれにしろ「損をせず深追いせず、そこそこで利確しておけばそのうち”ドカン”と儲けられる時が来る」という事は共通しています。

 

DUKE。氏の手法

DUKE。氏の手法を表した図

基本的にオニールをなぞっているので理解はしやすいです。

 

特に手法に名前はついていないようですねw

名前を付ければメディア受けがよさそうですが、DUKE。氏の性格がわかりますね。

具体的な内容を見ていくと細かいところは違っていても基本的な事はオニールを始めとする成長株投資の王道です。

 

 

DUKE。氏の新高値ブレイクの投資法

株探で新高値銘柄を検索

チャートの形状と保ち合いの期間を確認(半年以上あると望ましい)

ニュースでビッグチェンジがないか確認(新商品、新サービス、新経営陣などの変化があるか?)

売上と経常利益の裏付けを取る

投資ストーリーを考える(中期経営計画などを参考にする)

買い注文を出す(1/5ずつ買う”試し玉”を実践)

売る(損切は買値から10%を死守、利確は買値から50%が理想)

 

特に株探を使っているのが特徴ですね。

オニール等の本を読んでいても、「一番最初がチャート分析って面倒臭い」という思いが付いて回っていましたが、

DUKE。氏は本の中で株探の使い方を具体的に例示していますので、「銘柄検索→チャート→ニュース」の確認がしやすかったですね。

 

補足説明 ①チャートのパターンは5つ紹介されています

保ち合い期間が長い

保ち合いの幅が狭い

カップウィズハンドルを形成する

新高値ブレイク時に出来高が急増する

新高値ブレイクの初期に買う(”第2ステージ”で買う)

 

DUKE。氏はカップウィズハンドルの時、下落幅が高値の40%以内の調整にとどまっていることを重視しています。

それ以上の下落になると底値から2倍以上の上昇が必要で、インパクトのある材料がない限りブレイクが成功しない傾向があるとの事。

オニールは調整期間は3~6か月が平均、下落幅は35%を主張しているのでおおむねこの辺りまでが許容範囲ですね。

 

余談ですが、

当方が保有していたIRJは、45%下落でもその後テンバガーになりました。もともと現物ホルダーが多くさらに”大型案件獲得”というビッグチェンジが再上昇の主因だったと思います。

最初に買い付けてから2年8か月後にテンバガーです。ただ、当方はテンバガーになる直前に売ってしまいましたが

・・・。

そして新高値ブレイクしていていても日足でチャートを見ていると”だまし”に遭遇するので、必ず週足で中長期の流れを確認することが大事です。

 

 

補足説明 ②試し玉とは?

投資資金を一度に全部使うと予想が外れた時、損失が大きくなってしまう。だから資金を1/5ずつ使う。

その際、1回目の投資で「参入したタイミングが正しかったのか?」を判別をするので、”試し玉”と呼ぶ。

もし、試し玉が含み益になったら、再び保ち合い後のブレイクで買い増しする。

 

逆に言うと、”ナンピンは敗者の戦略”という事ですね。ミネルヴィニと同じ考えです。

 

他の本との違い

この本の特徴を端的にわかりやすく表した図。

掲示板より本の方が責任のある論なので信用性があります。

ここからがこの記事の本題と言っても過言じゃありません。

なぜならDUKE。氏の考えが最も出る部分を考察するからです。

 

そもそも本を読む目的は「自分の知っている範囲を広げる。自分の思い込みを壊す」ことにあります。

だから納得いかない考えがあっても自分の引き出しを増やすという意味で、無駄になる事は一切ないです。

 

将来行き詰った時の指針として多様な考え方を知っておきたいですね。

 

では具体的に述べてみたいと思います。

 

 

EPSではなく経常利益を使っている

「売上と経常利益の裏を取る」の詳細は

・3~5年の経常利益が5~10%ずつ増えている

・直近1~2年の経常利益が20%以上伸びているか?

・直近四半期の経常利益が20%以上、その前の四半期経常利益も20%以上伸びているか?売上高が10%以上伸びているか?

・売上高経常利益率が伸びているか?(本の中には具体的な数値は紹介されていない)

 

となっていますが、ここで気になるのは「EPSは使わないの?」という事です。

 

株主に割り当てられる利益は持っている株数に比例する。だからEPSを重視するのがセオリーだけど、この本では経常利益を使っています。

経常利益には配当金や為替差損など変動する数字が絡んでくるので不安定とは言わないまでも、それを基準に業績予想するのはいかがなものか。

 

shige
当方としては本業での儲けを表す「営業利益」を使った方がまだいいのではないかと思う。

 

DUKE。氏自身も経常利益の代わりに「売上高営業利益率」を使ってもいいと言っているので、その方が筋が通っていて明快ではないかと思います。

 

投資ストーリーが面白い

p105以降大塚家具のお家騒動の際、DUKE。氏の投資ストーリーが非常に参考になるので読者の方も一度ご覧になってください。

以下簡単に流れを説明します。

2015年2月25日夜、著者はモーニングスターのサイトでPTS情報を確認する。

大塚家具がストップ高になっていることに気づく。

株探で何かニュースが出ていないか確認するが何も出ていない。

大塚家具のHPに行き、中期経営計画の発表があったことを発見。

大塚久美子氏による発案で「ビジネスモデルの転換、ROEの向上と配当を1株40円から80円に倍増する」という内容だった。

著者は「利回りがどれぐらい変化するか?」と考えをめぐらす。

PTSのストップ高価格1405円で買っても1株の利回りは5.7%。

ヤフーファイナンスで利回りランキングを確認すると2位になっている。3位以下は4.7%がずらっと並んでいるので適正利回りは4.7%と想定する。

つまり翌日以降の株価は1702円まで上がると予想する。

翌2月26日、ストップ高気配で始まり1407円で買付に成功。この日の終値は不明だがストップ高で終了。

2月27日、1643円で取引終了。(この日も窓を開けての寄り付きと思われる)

週末にかけて父・大塚勝久氏が委任状争奪戦で勝つために「1株120円」という反対提案が出してくると考えられ、

著者は株価が2553円まで上昇すると予想する。

3月2日月曜日、2043円のストップ高で取引終了。ワールドビジネスサテライトでも報道され売り時を考え始める。

3月3日はさらに高い2243円で始まり、2488円まで上昇するも長い上髭の超大陰線が出たので1900円レベルで売却。

35%程の利益を得る。

が大まかな流れです。

 

当方が考えるDUKE。氏の素晴らしい所は以下の通りです。

・大塚家具がPTSでストップ高になっており、「これは何かあるな?」と考えた

・モーニングスター社→株探→大塚家具のHPという流れがスムーズだった

・利回りがどう変化するか(株価がどこまで上がるか)を考えた

・利回りが4.7%まで下がると想定した

 

特に「利回りが4.7%まで下がると想定した」ところが秀逸ですね。

配当金額が同じなら、株価が上がれば利回りが下がる事は簡単に想像できます。(株価×利回り=配当金額)

 

しかし、問題は一体どこまで下がるかがわからない事です。

当方なら「せいぜい5%ぐらいまでかな?」と思ってしまいますが、これが勝負の決め手でしたね。

 

他にもDUKE。氏は「大塚家具は地味な家具屋でリーマンショック以降ずっと株価が低迷していた」という印象を持っていたので変化に気づけたとも思いますし、

勝久氏に対抗して久美子氏がさらに「1株160円」に配当を上げてくるかもしれない、と予想したり、

短期投資家並みの頭の回転の速さで考ているところが読んでいて面白かったですね。

 

本の中にはこの他にも、DUKE。氏の心の声がたくさん書かれているので気になった方は是非一度読んでみることをおすすめします。

 

 

まとめ

手法は「株探で新高値銘柄を探し出し、チャート、ビッグチェンジ(会社の大変革)、業績」を確認する

この本の特徴は「EPSを使っていない事と、投資ストーリーの組み立て」にある事

 

この記事には書ききれなかったのですが、本の中には中期経営計画の見方も載っているので参考になりました。

そこでもDUKE。氏の投資ストーリーと心の声が記述されて折、今度自分が銘柄分析をする時役立ちそうです。

 

みなさんも他の投資家の考え方をどんどん吸収して大金持ちになりましょう。

 

ありがとうございました。

 

 

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    shige

    年齢 アラフォー

    住居 愛知県

    職業 個人投資家 ブロガー

    町工場勤めから今年本格的に個人投資家へ転身。 中長期投資なのでファンダメンタルズを重視しています。

    このブログで自分の成功体験・失敗談・ノウハウを公開していきたいと思います。初心者の方に参考にしていただけたら嬉しいです。

    お勧め記事

    1

    考え方を変えれば人生が変わる 雇われ先に左右されない生き方として株式投資があります。 短期売買は難し ...

    2

    当方もまだまだ勉強中ですが、実際に投資したり銘柄検索をしていて手ごたえのあったやり方を紹介していきま ...

    3

    四季報銘柄を中心にして分析しています。 ファンダメンタル分析の実践編です。 有名投資家の本を読んでい ...

    4

    読書は自分を成長させる 読書をする人が減っていると言う事は、読書をすることで他人との差別化ができると ...

    -書評, 株式投資

    Copyright© 当方見聞録2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.