四季報銘柄

銘柄分析 オービックビジネスコンサルタントは社員思いの企業だった

2020年4月6日

会社四季報で特集されている銘柄って本当に投資対象になるの?

「○○ランキング」だけじゃその企業の特徴がわからなくて判断できない・・・。

そんな悩みにお答えします。

四季報の銘柄を地味にコツコツ分析しているshigeです。

 

チャートを使えば株価は時系列で見れるのに、四季報に載っている資産とか利益剰余金の額ってその年の分しかわからないですよね。

でも、その会社の有価証券報告書を読めば時系列で5年分わかりますし、決算短信を読めば四半期毎の状況もわかります。株主思いの会社ならHPに「当社の強みはこれです!」とはっきり書いてあったりもします。

だからそれらを理由に投資判断するのが現実的じゃないでしょうか。

 

聞き手
確かに。四季報だけじゃ心許ないもんね
でしょ?当方も含めて多くの投資家は素人だから、パッと見てわかる情報を出している会社に投資したいよね
shige
聞き手
でも、決算短信とか読むの、ちょっとめんどくさいし
大丈夫。当方が代わりに読んで報告します!
shige

という訳で

この銘柄分析シリーズではそんな「ちょっとだけ面倒な事に挑戦してお宝銘柄を発掘しよう」という企画でお送りしています。

 

今回、分析するのは営業利益率ランキング9位の「オービックビジネスコンサルタント(4733)」です。

営業利益率は「45.31%」で先日分析したオービックが筆頭株主、つまり親会社にあたります。

 

以下HPへのリンクです

無借金経営で創業して40年以上の実績を持っている会社ですよ。

 

注意ポイント

・ここでベースにしている四季報の数値はコロナショックをほとんど踏まえていないので、当方の分析もあくまで目安程度に考えてください

・買う事をお勧めする記事ではありません。買うかどうかはご自身で判断をお願いします。

オービックビジネスコンサルタントの記事のアイキャッチ

有給休暇取得推進が羨ましい

結論

この記事の結論を扱った図

何事も焦らずじっくりですね。

この後紹介する各数値を見ても株価が急上昇という感じではないのでそれを前提に投資する必要があるのではないかと思います。

事業内容・・・会計ソフトの開発と販売

ビジネスソリューションテクノロジー及びITソリューションテクノロジーの開発販売
プロダクトに対する保守・導入指導等のサービス提供         HPより抜粋

 

聞き手
これだけ見るとよくわかんないわねw
つまりは、「会計ソフトの開発と販売」と言う事だよ
shige
聞き手
ああ、なんだそういう事か。時代の変化についていくのも大変ね😓
主力商品の「奉行シリーズ」は圧倒的シェアを誇っているからね
shige

 

強み・・・国内No1シェアと人とのつながり

主に五つあります。

①企業業務(会計・人事・給与等)の業務サービスにフォーカスする

②中堅及び中規模・小規模企業にフォーカスする

③Microsoftテクノロジーにフォーカスする

④パートナー戦略にフォーカスする

⑤ブランド戦略にフォーカスする

shige
その他にも当方がいいなと思った項目を列挙します。

・全国にパートナー企業が3000社、認定インストラクターが6000人いるのでサポート体制が万全

・情報セキュリティ評価基準ISO15408を認証取得。情報漏洩等の心配はないというお墨付き。

・IFRS(国際財務報告基準)の方針変更に合わせ、700社を越える企業のシステム導入をサポートした。

・先日分析した「オービック」が大株主である。

 

当方自身は使ったことがないのですが、会計ソフト「奉行シリーズ」は給与計算、税金の計算、勤怠管理などを行う時に使うソフトの事です。

企業向けのソフトなので料金体系を見ると年額で10万円はするようですが、国内シェアNo1という実績を鑑みるとお値段以上の価値はあるようですね。

 

また、「日経コンピュータ 2019年8月22日号顧客満足度調査 2019-2020 ERP部門 第1位」をはじめとする、数々の導入シェアに関するNo1の称号を手に入れています。この牙城は簡単に崩れそうにありません。

 

その他には

・コロナウィルス拡大の影響で、テレワーク関するの問い合わせの増加に伴い「奉行クラウド」の90日間無償提供を始める

・「社員が心身ともに健康で能力を最大限に発揮することが企業の発展に繋がると考えている」為、「健康経営有料法人2020」や子育てサポート優良企業として「くるみん」の認定を取得

等、利益至上主義ではなく人とのつながりを大切にしている企業だと言う事が良くわかる取り組みです。

特に育休中でも会社のサイトにアクセスして会社の状況をリアルタイムで把握できるように支援していたり、時短勤務を子供が小学3年生まで延長できるようにするなど働きやすさの改善に取り組んでいます。

 

聞き手
へ~、女性にとってはありがたい制度が充実しているようね
そう、ただこれからは男性も育児に参加しなければいけないけどね
shige

 

チャート・・・何度も復活する強さ

オービックビジネスコンサルタントの5年チャートの図

TradingView提供のチャート    株価は高値でダブルボトムを付けた後、上放れするタイミングでコロナショックを受け下落。

下値抵抗線を考えるとこの辺りで反発できるかどうかという所。

先の文中でも触れた通り、今後テレワークなどの在宅勤務が増えることが予想されここの会社の業績には追い風になっています。

99年に上場して以来株価は長らく横ばいでしたが、2015年ごろから上昇を開始。2016年初頭や2018年年末の海外情勢の影響受け一時的に株価は下落するものの、内需株という利点を生かして回復。今回のコロナショックもいずれは織り込んで再度上値を目指す展開となるはずです。

 

当方の注目指標・・・全体的に大きく動かないという特徴がある

オービックビジネスコンサルタントの注目指標の図

今まで紹介した銘柄に比べると数値は大きく動かないという特徴がある

総資産はこの5年間で300億円の増加。当期純利益は40億円の増加。ROAはおおむね6%台で推移しており、よく言えば安定しており悪く言えば成長が遅いという事になります。

2018年1月に2分割した事もあって18年3月期のEPSは大きく下がっているように見えますが実質217.44円なので横ばい、19年3月期は267.96円です。

成長性・・・老舗らしく穏やかに成長

オービックビジネスコンサルタントの成長性に関する図

最新四季報値でも緩やかな伸び

ちなみにROEは9.1%、来期は8.9%の予想。借金はしていないので株主からの資金提供の分だけでしょう。

 

四半期ごとEPSの推移

四半期毎のEPSの推移を扱った図

今期はムラがあります。

四半期毎のEPSの推移を観る事でその会社の成長スピード、稼ぐ力の勢いがわかります。

この会社の場合、昨期は毎期30円程の増加で、今期はほぼ同額の増加です。

しかし、前年同期比で見るとマイナスが2回でこれは気になります。

理由を探ってみると決算短信には「投資有価証券売却益を計上していたことによるもの」とありました。

 

投資有価証券とは?

貸借対照表における資産のうちの「投資その他の資産」ひとつです。満期保有目的の長期保有債券(満期までの期間が1年以上ある債券)や、子会社株式・関連株式といった市場性のない関係会社の株式や、市場での価格がない有価証券などを指します。簡単に言えば、短期所有目的なら有価証券、長期所有目的なら投資有価証券となります。前者を処分すれば営業外損益に計上され、後者を処分すれば特別損益に計上されます。

東海東京証券HPより抜粋

つまり今期は投資有価証券売却による”特別ボーナス”がなくなった状態で昨期と同額のEPSということでしょうか。それなら良いんですけど。

ん~、まだまだ勉強不足ですね。

ROA

資産全体が上手く使えているかを見る指標。5%以上で優秀となります。

この会社の場合は6%台で推移していますので特に問題はなさそうです。

 

四半期ごとの売上の推移

オービックビジネスコンサルタントの四半期毎の売上推移

今期3Qの伸びが気になります。

4Qで32000(百万円)の売上予定ですが、当方の予想ではこのままでは達成が・・・、な状態です。あと1四半期で10000円(百万円)稼げるでしょうか?

コロナショックによるテレワークの増加があるので可能性はありますが。

 

倒産リスク・・・無借金で利益剰余金も豊富

オービックビジネスコンサルタントの倒産リスクの図

無借金経営なのでまず大丈夫と思われる

今回から累積損失を表す「総資産に占める利益剰余金の割合」と上場廃止リスクを表す「債務超過」の項目を省きました。

ランキングに載っている企業は赤字が少ないのであえて載せる必要はないと思ったためです。ご了承ください。

自己資本比率

返さなくていいお金がどれだけあるかを表した指標です。

50%以上あれば優秀と言われています。

この会社の場合80%台を維持していますので特に問題はなさそうです。

有利子負債と現金同等物

多少の負債があっても現金同等物が多ければ倒産は免れます。

この会社は有利子負債は「0」。現金同等物は「97829 (百万円)」。およそ年間売上の3年分現金同等物があります。まず大丈夫ですね。

 

ちなみに現金同等物とは現金、普通預金、3か月満期の定期預金など換金が簡単なものを指します。

 

営業キャッシュフロー

この5年で約60億円、仕事をして稼げるようになっています。問題なさそうです。

まとめ・・・長期で投資するなら「〇」

ポイント

投資対象としては「〇」。ただし長期投資で。

書類やHPを見る限り企業風土は良さそう。

今回のオービックビジネスコンサルタントという会社は財務諸表やHPが新設・丁寧に書かれていたので記事も書きやすかったです。

それに子育てや残業削減の推進など、社員思いの会社という印象を受けました。意外とこういう所にその企業の理念や風土が出るのではないかと思っています。

 

投資をする時この記事が参考になればうれしいです。

ありがとうございました。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    shige

    元々はギタリストになりたくて専門学校に入学したが挫折。 地元・愛知に帰りアルバイトや工場勤めを経験して今に至る。 投資スタイルは「中長期投資」 2017年から投資していた「アイ・アールジャパンホールディングス」が株価8倍になったことをきっかけに、本気で仕事を辞め投資家生活に入ることを画策中。このブログでもノウハウを公開していく予定です。

    -四季報銘柄

    Copyright© 当方見聞録2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.