株式投資

株価騰がれ! LTSの2020年12月期本決算を分析

2021年2月22日

 

前回の記事で中期経営計画を扱ったのですが、一応本決算についても触れておきたいと思います。

 

3Qで上方修正があったので今回は特別決算についてはサプライズはなしです。

 

ここの会社は保守的な予想を出して見通しが立ったところで上方修正をするパターンが恒例となっています。

株主としてはもっと強気の予想を出してほしいですが、下手に強気の予想を出すとイナゴの餌食になるので

まあ、これで良いのかもしれませんw

 

その堅実な決算の中で当方が注目した点を今回記事にします。

 

注意

この記事の予想はあくまで当方の独自のものです。この記事を基にした投資の損失については一切の責任を負いません。

また、数値に間違いがあるかもしれないので最終的には各自でご確認ください。

 

この記事で扱う事

本決算の振り返り

好調要因

将来に向けて

 

 

 

2020年12月期決算の着地

単位 百万円

2019年12月期   売上・・・3790   営業利益・・・307   経常利益・・・298   当期純利益・・・201

2020年12月期   売上・・・5555   営業利益・・・478   経常利益・・・447   当期純利益・・・270

LTS 2020年12月期4Q 決算説明会資料より

売上は+46.6%、営業利益は+55.5%、経常利益は+50.0%、

当期純利益は+34.0%となっています。

 

shige
当方が気になるのは営業利益ですね。

3Qの上方修正では営業利益が4億5千万円でしたが、それをさらに上回り4億7800万円になりました。

それでも営業利益率は8.6%。

テンバガーの条件10%に届かず歯がゆいですねw

 

売上の伸びは文句なしなので是非21年期に・・・、と行きたいところですが、21年22年は人員確保や研修などに

引き続き利益が使われるという事で辛抱の時期が続きます。

 

「充分頑張ったじゃないか」という人もいると思いますが、政府の金融緩和が続いている間になんとしても株価上昇してほしいです。

 

 

 

期初予想からどれだけ上振れたか?

以前から日本企業は「デジタル化をしなければいけない」と叫ばれておりましたが、コロナによって堰を切ったかのようにそれが進んでいます。

LTSもその恩恵を受け、2020年12月期の業績の伸びが素晴らしいものとなりました。

では、一体どれだけ数字に表れたのでしょうか?振り返ってみたいと思います。

 

 

2019年4Qの決算短信を読んでみると、2020年12月期は

売上高・・・5000百万  営業利益・・・400百万   経常利益・・・350百万   当期純利益・・・240百万   1株当たり当期純利益・・・58.66円

と予想されていました。

 

「売上が31.9%の伸び、営業利益は30.0%の伸び」と予想されており、これだけでもいい感じですね。

 

 

今後の見通しについても、事業環境は好調でDX案件や人材の獲得に力を入れていくとなっていました。

(結果的に人材獲得は物足りない状態で着地)

 

 

この時点ではまだコロナが拡大していなかったので、控え目なコメントですね。

また、この時点では社長が今注力しているプラットフォーム事業の「CS clip」については触れられておらず、構想外だったのか

それともコロナを契機に構想・実行に移したのか不明です。

 

 

単位 百万円

2019年12月期   売上・・・3790   営業利益・・・307   経常利益・・・298   当期純利益・・・201

2020年12月期   売上・・・5555   営業利益・・・478   経常利益・・・447   当期純利益・・・270

LTS 2020年12月期4Q 決算説明会資料より

 

2019年12月期   1株当たり当期純利益・・・49.29円

2020年12月期   1株当たり当期純利益・・・66.47円

LTS 2020年12月期4Q 決算説明会資料より

 

期初予想より「売上で14.7%、営業利益で25.5%、EPSで16%」も伸び率が修正されています。

特に営業利益の修正が25%越えってすごい。先行投資をしているので営業利益率としては8%台に

収まっていますが、コロナによる業績の拡大が見て取れます。

 

21年期はどうか?

HP上で決算説明会動画がUPされています。

その中で社長が業績予想について話しています。

 

それによると、

ポイント

業績予想が保守的だという声は会社側に届いているようですが、LTSとしては期初予想をボトム(最低ライン)にして期中に上回っていく

との事。

 

つまり今期も3Q辺りで上方修正が来る可能性がある。

「実際にどれだけ増額されるか?」は今の時点ではわかりませんが、昨年度と同水準ならば

21年期の業績は概算で

売上80億、営業利益7.4億、EPSは89円

となります。

 

まあ、さすがにこれはないと思うので、

売上75億、営業利益6.5億、EPS85円

辺りになるんじゃないかと予想。

 

中計の記事で22年期の業績を当方は

売上85億円、営業利益9億円 EPS128円

としたので22年期までに、コスト削減と効率化が進まなければいけない計算ですねw

shige
数字が苦手なのでご勘弁を。

 

 

 

コンサル・DXが好調

コンサルティングが順調な事を示すIR資料の図

IR資料より。有価証券の評価損があったにもかかわらず素晴らしい。

決算発表と同時に好材料も発表されました。

LTSのプロフェッショナルサービスには「ストック型」と「プロジェクト型」の2種類があります。

プロジェクト型は単発の仕事で景気の影響を受けやすいサービス。

ストック型は景気の影響を受けないサービス。

 

今回のIR資料はプロジェクト型のサービスが好調だった、という発表ですね。

 

 

気になるのは、売上のうちコンサルだけで終わった案件とDXに繋がった案件と2種類あるはず。

そして売上の増加率17.6%からコンサルだけで終わった案件を引くと、17.6%より売上の伸びは小さくなるはず。

それなのに営業利益・経常利益は大きく伸びている。

つまり「DXに繋がった案件がいかに高利益率であるか」、という事が確認できました。

 

当期純利益の有価証券評価損がなければ1株当たり当期純利益はもっと行っていたと思います。

何に投資しているのかはわかりませんが、もったいないですね。

 

ただ、この資料を見ていたら当方はIRJの大型案件獲得の資料を思い出しました。

当時のIRJは株価が停滞していたので、それを察知した会社側が「これだけの収益がある予定なので心配しないでください」というメッセージにも受け取れました。

その資料に書かれていた文章から読み取れる自信が、LTSの資料にも感じられたのです。

 

shige
LTSは実績値、IRJは予想値なので一概に比べてはいけませんが行間からにじみ出てくるニュアンスが似ているような感じがしています。

 

LTSももう少し強気予想を出してもいいと思うのですが、業績が拡大するにつれて樺島社長も強気スタイルになっていってほしいですね。

 

2025年の崖を見据えて

 

2025年の崖とは?

日本企業が使っているシステムは古いものが多いので、2025年以降もそのままだと

2025年から30年までに年間で12兆円もの損失が出るとされている事。

 

それらを解決する手段がDXとなっています。

しかし、2025年までにITに詳しい人材が43万人不足されていると言われ、人材の取り合いになることは容易に想像できます。

取り合いになれば単価も上がるので、樺島社長がプラットフォーム事業に力を入れているのはこの為ですね。

 

民間企業は基本的には競争していますが、業界全体が衰えてしまっては競争なんてしている場合じゃありません。

各々独自で頑張っているだけでなく、それらの企業をつなぎ合わせ、業界全体を盛り上げていく存在がカギとなるでしょう。

 

社長の発言を聞いているとよく「協業」という言葉が出てきますが、上記のような意味を考えると

LTSの思想や立ち位置は結構重要なんじゃないでしょうか。

 

それならなおさら社長には強気に自分を出していってほしいですね。

 

まとめ

2020年12月期は絶好調だった。

21年期は先行投資が続くが、上方修正でさらに成長する見込みがある。

「2025年の崖」を乗り越えるために、LTSの存在は重要。

 

以上、簡単ではありますが、LTSの2020年12月期本決算の分析をしました。

2/17日現在で株価は3900円前後で推移していて、ホルダーとしてはストレスがたまる日々ですが、

この記事を書いているうちにLTSの将来性を再確認でき、不要な情報に惑わされないようにしたいと思いました。

 

コロナが突然やってきたようにIT革命もある日突然やってくると思います。

その時LTSの業績が大きく飛躍することを想像しながら待っていたいと思います。

 

この記事が皆さんの参考になればうれしいです。

ありがとうございました。

広告

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    shige

    年齢 アラフォー

    住居 愛知県

    職業 個人投資家 ブロガー

    町工場勤めから今年本格的に個人投資家へ転身。 中長期投資なのでファンダメンタルズを重視しています。

    このブログで自分の成功体験・失敗談・ノウハウを公開していきたいと思います。初心者の方に参考にしていただけたら嬉しいです。

    お勧め記事

    1

    考え方を変えれば人生が変わる 雇われ先に左右されない生き方として株式投資があります。 短期売買は難しいですが、中長期投資なら個人投資家にも利 ...

    2

    当方もまだまだ勉強中ですが、実際に投資したり銘柄検索をしていて手ごたえのあったやり方を紹介していきます。 shige中長期ファンダメンタル投 ...

    3

    四季報銘柄を中心にして分析しています。 ファンダメンタル分析の実践編です。 有名投資家の本を読んでいい所取りしたり、自分の経験則を用いて銘柄 ...

    4

    読書は自分を成長させる 読書をする人が減っていると言う事は、読書をすることで他人との差別化ができると言う事でもあると思います。 また、全部読 ...

    -株式投資

    Copyright© 当方見聞録2 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.