その他

志村けんさんのコロナ完治後の「だいじょぶだ~」に期待!

2020年3月25日

志村けんさんを応援するための記事のアイキャッチ

何をするにも健康と体力が必要

 

コロナウィルスの影響でオリンピック延期が決まったのですが、タレントの志村けんさん(70)が新型コロナウィルスに感染。都内の病院に入院中で闘病生活を続けていると今朝のニュースで知りました。

経緯

3月17日 倦怠感があり自宅静養 ←この日が発症日らしい

3月19日 発熱・呼吸困難の症状が出る

3月20日 訪問診察をした医師の判断により、都内病院に搬送。重度の肺炎との診察をけ入院

3月23日 新型コロナウィルス検査陽性が判明

3月24日 保健所による調査が行われ、発症日と濃厚接触者の特定が完了

 

志村さんは今年の1月、健康診断で見つかった胃のポリープ除去の手術を受けており、免疫が低下している中でコロナウィルスに感染したのではないかという噂も出ています。

実際はどういう状況だったかは分かりませんが、今日25日現在も入院中との事。1日も早い回復を祈っています。

 

当方の価値観の土台を作った人

志村けんさんの魅力を表した図

子供の頃に見たものは当方の価値観の土台となっています。

 

70才と言う事に驚きですが、

ウィキペディアによると、志村さんは1950年2月20日、現在の東京都東村山市に男3人兄弟の末っ子として生まれます。

二人の兄が大学を卒業して公務員になったのにもかかわらず、末っ子の志村さんだけがお笑いの世界へ。

小学校の先生だったお父さんは厳格な人で、家庭内は重い雰囲気に包まれていました。ただテレビを観ている時だけは嫌な日常を忘れることができ中学生になると本格的にお笑いの世界を目指すようになったとの事です。

 

そして高校卒業間際の頃からドリフターズに付き人として加入。

荒井注さん脱退後、正式ドリフのメンバーになり「8時だョ! 全員集合」の中で披露された「東村山音頭」「ヒゲダンス」『「童謡 7つの子」の替え歌 カラスの勝手でしょ~♪』で人気者になりました。

 

全員集合が終了した後は、「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」「志村けんのだいじょぶだぁ」「バカ殿様」でその地位を不動のものにします。

 

shige
当方の世代では志村さんはソロ、または加藤さんとのコンビでの活動のイメージが強いですね。
「ごきげんテレビ」はお笑いの番組とは思えないカースタントや後半のビデオコーナーとかよく練られた構成でした^^
聞き手
shige
PCエンジンで、この番組をモチーフにしたスーパーマリオみたいなゲームにはまりましたよ、当方は。
そうそう^^。小学2年生がやるには難しいゲームでしたね。クリアしたのは高校生になってからだったけ?
聞き手
shige
その通り。当時はネットもないですから自分で試行錯誤してやってましたね。懐かしいです。

 

2000年代に入ってからは重鎮扱いになったことでテレビでの露出は減りましたが、コント番組は深夜に放送したり、志村動物園で意外な一面を見せてくれたり、ダチョウ倶楽部などとバカ殿の舞台に挑戦したりと精力的な活動を続けておられ、芸歴が長いことからも多くの後輩から慕われていることがよくわかりますね。

 

当方の個人的な感想では、「だいじょうぶだぁ」でのいしのようこさんとの絶妙な絡みは最早伝説と言っていい位ですね。

いしのさんは3か月間の勉強というつもりで番組出演をOKしたそうですが、その後志村さんに騙されたのか5年も出演され名コンビとなりました。

志村さんは、いしのさんがよく笑う娘だったので「お笑いのセンスもいいだろう」と判断し抜擢したとコメントしています。

さすが、その洞察力は見事的中で当方世代のお笑い感を形成するまでになっています。

 

特にいしのさんが嫁、志村さんが物忘れの激しい年寄りという設定のコントはよく覚えています。

 

志村「ようこさん、飯はまだかい?」

いしの「おじいちゃん、さっき食べたでしょ」

志村「ああそうかい・・・。」

しばし沈黙の後

志村「ようこさん、飯はまだかい?」

いしの「(怒り気味で)おじいちゃん、さっき食べたでしょ」

志村「ああそうかい・・・。」

しばしの沈黙の後

志村「ようこさん、飯は・・・」

いしの「さっき食ったつってんだろ!!」 ←怒り大爆発

 

文字では魅力が伝わっていませんが、映像ではこの1万倍面白いです。決して他人の悪口を言ったり容姿をけなしたりしないので見やすいですね。you tubeとかにUPされてないかなあ。

 

それによくよく考えれば「全員集合」って毎週土曜日に全国のどこかのホールで生放送でやっていたんですよね。

移動や他の仕事との兼ね合いを考えるとリハーサルに使える時間ってすごく限られていたと思うんです。そんな番組を1期2期合わせて16年もやっていたなんてすごすぎます。生放送だったら間違っていてもやり直しできないですからね。しかもいかりやさんの方針で客いじりやアドリブは基本NGだったとの事。

あの大爆笑を支えていたのは妥協を許さない職人集団の心と一発撮りの緊張感だったのですね。

 

法令順守の今では考えられないスタイルですし、ましてやコロナウィルスが広まっていれば生放送なんて考えられないですね。

 

絶対に当方の価値観の土台となっている方です。

まとめ

コロナウィルスで自粛ムードの重い雰囲気が続く今だからこそ、志村さんのようなお笑いの方の力が必要だと思います。

コロナから復帰してまた「だいじょぶだぁ~」を聞かせてくださいね。

他のドリフのメンバーの方もご高齢なので是非とも体調に気を付けてまた我々を笑いの渦に巻き込んでほしいです。

これを読んでいる方々も健康第一で過ごしていきましょう。

ありがとうございました。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    shige

    元々はギタリストになりたくて専門学校に入学したが挫折。 地元・愛知に帰りアルバイトや工場勤めを経験して今に至る。 投資スタイルは「中長期投資」 2017年から投資していた「アイ・アールジャパンホールディングス」が株価8倍になったことをきっかけに、本気で仕事を辞め投資家生活に入ることを画策中。このブログでもノウハウを公開していく予定です。

    -その他

    Copyright© 当方見聞録2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.