株式投資

仕込むなら今! 不景気に強い銘柄5つを独断と偏見でご紹介 その1

2020年4月11日

注意ポイント

数値や情報の正確性を保証できません。損害についても一切責任を負いかねます。売買をするかどうかはご自身で判断してください。

 

日本の長い歴史を振り返ってみると景気の良い時は短く、不景気が長かったりします。

となると景気がいい時ではなく、不景気の時に利益を出せる企業に投資をするのが妥当なのではないでしょうか。

 

そこでこの記事では不景気に強そうな企業を当方の独断と偏見で選びました。

もちろん当方の感覚を頼りに選んだので、株価が大幅下落する可能性がある事を承知の上で記事を読んでください。

 

 

債権保証会社の「イー・ギャランティ」

銘柄分析  イー・ギャランティ(8771)は目の付け所が良い企業

続きを見る

未回収の債権の保証をしてくれる会社。営業利益率は45.5.%

 

コロナウィルスによる業務自粛で資金繰りが苦しくなる企業が続発する可能性が高いです。政府や自治体から保証金が下りてくると言っても数か月分しかありません。今の時点でコロナによる倒産は全国で50件を越えています。少なくても監視銘柄に入れていて株価を中止する価値はあるかと思います。

shige
既にチャートが上昇しているので現在は押し目を待った方が無難と考えています。

 

IR・SRコンサルティングを行っている「アイ・アールジャパンホールディングス」

銘柄分析 アイ・アールジャパンホールディングスは決算以上に将来性のある企業だ

続きを見る

企業買収されないようにアドバイスしてくれる会社です。営業利益率は45.89%。

 

こちらも不景気に強いと思われる会社で、これから「業績悪化 → 企業買収の話が出やすくなる」という状況が現実的になる中、投資銀行業務が一体どこまで成長できるか楽しみです。

もちろんアクティビスト(物言う株主)の活動があってこそですが、ソフトバンクすら狙われる時代。コロナ終息のめどが立てば2月までの勢いがまた復活すると予測しています。

shige
「他の企業へダメだしする前に自ら手本を」と言う事で、株主へ利益の還元の意識が高いです

 

マニュアル制作の老舗「グレイステクノロジー」

銘柄分析 グレイステクノロジーはマニュアル制作の先駆け企業だった

続きを見る

産業機械のマニュアル制作をしてくれる会社で営業利益率は42.50%です。

 

マニュアルの製作や改訂は時に数億円の費用が掛かってしまう事もあるようで、その煩雑さを解消するため、紙媒体から電子化への流れが今起きているところ。

グレイステクノロジーは顧客企業のマニュアル電子化への後押しとAIによる誘導型の機械操作を実現。業界内で徐々に認知度が高まってきており今後の躍進に期待ができます。

shige
人手不足解消の為に機械化が進めば当然マニュアルは必要になります。また30年以上の実績があるのもアドバンテージです。

 

システム作りで迷ったらここが選ばれる「オービック」

銘柄分析 オービック(4684)は縁の下の力持ちの企業だ

続きを見る

給与計算や人事考査、社員の勤怠管理などのシステムを一元化してくれる会社。営業利益率は51.25%。

先のグレイステクノロジーと同じく、煩雑な業務をネット上で管理することで効率の良さが格段に上がるという流れは同じである。

全国20000社以上の導入実績を持つのが大きな特徴。CMでもよく見かけますね。

shige
導入実例に上がっている企業名も有名どこなので信頼されていることがわかります。初心者にも保有しやすそう。

 

会計ソフトの製作・販売と言えば「オービックビジネスコンサルタント」

銘柄分析 オービックビジネスコンサルタントは社員思いの企業だった

続きを見る

会計ソフト「奉行シリーズ」が主力製品の会社です。営業利益率は営業利益率は「45.31%」。

筆頭株主がオービックなのでこのオービックビジネスコンサルタントも業務の基本路線は同じ。上手く住み分けができているようです。

無借金経営なのも評価できます。

shige
HPを見る限り子育て支援とか有給休暇取得を推進したり、働きやすそうな会社というイメージです

まとめ

コロナの影響で対面による仕事が制限されています。

この記事でご紹介した企業は、顧客との打ち合わせはあるものの電話やネットでやり取りできる部分が多いと思うので必ずしも対面する必要はなく、影響は限定的ではないかと推測します。

なるべく身軽な企業の方が安心して投資できるのでこれからもそういった企業をご紹介できればいいなと思います。

ありがとうございました。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    shige

    元々はギタリストになりたくて専門学校に入学したが挫折。 地元・愛知に帰りアルバイトや工場勤めを経験して今に至る。 投資スタイルは「中長期投資」 2017年から投資していた「アイ・アールジャパンホールディングス」が株価8倍になったことをきっかけに、本気で仕事を辞め投資家生活に入ることを画策中。このブログでもノウハウを公開していく予定です。

    -株式投資

    Copyright© 当方見聞録2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.