株式投資

今週の反省 2020/4 第3週  株式投資は好調、ブログは質の向上にシフト

コロナショックで中小企業の経営がひっ迫しているようですが、明治維新の時の廃業した侍たちも同じ状況だったのではないかと感じているshigeです。

感染病、地震、津波等の災害、交通事故、脳梗塞などの突然死、会社の倒産。嫌な事はある日突然やってくるので、余裕のあるなしに関わらず普段から準備をしておくことが大事だと痛感しています。その手始めとして株式投資は最強の自己防衛手段です。

まずは今週の保有銘柄から振り返ってみたいと思います。

 

保有銘柄・・・ アイ・アールジャパンホールディングスと監視銘柄は好調

アイ・アールジャパンホールディングス等の状況の図

今週はどの銘柄も力強い上昇だった

アイ・アールジャパンホールディングスの5年チャート

TradingView提供のチャート  今後は銘柄選別が重要になると思う

 

保有しているアイ・アールジャパンホールディングスの終値は6880円。前週比で+1020円です。含み益が163万2000円増えました。

ヤフーの掲示板を見ていると楽観論ばかりですがそういった投稿は本人の希望ばかり書いてあるので、実際の所何も得るものはありません。コロナの終息も見えていないので警戒は続けなければいけません。

具体的には

①全額投資をしない

②信用取引(借金)をしない

という鉄則を肝に銘じる事です。

 

アイ・アールジャパンホールディングスはコンサルティング会社なのでコロナの影響は直接受けませんが、取引先やアクティビストの動向がまだはっきりしないので、油断禁物です。この状況だと顧客の売り上げが減少してコンサルティングを打ち切られる可能性も十分ありますので、間違っても「同業他社が値上がりしたから・・・」、という連想のみで買う事は避けた方がいいです。

 

懸念事項をまとめると

①顧客・アクティビストの動向がまだはっきりしない

②改正外為法の対象になる分野がまだ発表されていない

です。

 

改正外為法の対象は12分野、500社になる見込み。5月の施行を予定しているのでそろそろ詳細がわかると思うけど、間違っても企業の成長を国が邪魔をしないでほしいと思います。特に今回のコロナの騒動を見ていても明らかに国(政府、財務省、厚生労働省)が状況悪化の原因になっているので、一度発表したことを何度も修正する「後出しジャンケン」的なやり方は止めていただきたいです。

 

今後は5月の本決算発表で21年度の業績予想が一体どうなるのか注目しています。21年度も好調ならば買い増しも検討しますが、合理的な数値が出せないと言う事ならば様子見を継続します。まあ、喋りを主体としたビジネスモデルなので顧客と直接対面する必要はなくテレワークは可能。あとは周囲の状況次第です。

 

ブログ・・・記事の質と量のバランスを取る為、週2記事の更新にした

毎日更新から週2記事の更新に変更しました。

理由は

①毎日更新だと記事の質が落ちる為

②本を読んだり用事を片づけたりする時間を確保する為

 

サーチコンソールの数値は

合計クリック数 50  合計表示回数 1039  平均CTR 4.8% 平均掲載順位 12.4位

検索クエリの数は 「17」

 

銘柄分析のまとめとして

を投稿。

まだまだ結果につながっていはいないけど、オリジナリティを出す事は出来たと思います。

 

今後の課題・・・記事の質と作業効率の向上

・株価が上下した要因、業績が拡大した要因を可能な限り調べる

・作業を短縮する

ブログの評価は三か月以上かかるならまだまだこれからですね。確かに収益も大事ですが、何より自分にとって勉強になるのでマイペースながら記事の更新は続けていく所存です。

幸い株式投資をやっている限りネタには困らないのでこれからもどうぞよろしくお願いします。

    • この記事を書いた人
    • 最新記事

    shige

    元々はギタリストになりたくて専門学校に入学したが挫折。 地元・愛知に帰りアルバイトや工場勤めを経験して今に至る。 投資スタイルは「中長期投資」 2017年から投資していた「アイ・アールジャパンホールディングス」が株価8倍になったことをきっかけに、本気で仕事を辞め投資家生活に入ることを画策中。このブログでもノウハウを公開していく予定です。

    -株式投資

    Copyright© 当方見聞録2 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.